100個分

しじみに含まれるビタミンB2

しじみには豊富な栄養素が含まれていますが、なかでもビタミンB群にかけては他の貝類を上回っており、ビタミンB2の含有量はあさりの0.16mgや牡蠣の0.14mgと比較すると0.25mgほど含まれています。
ビタミンといえば身体の中に保持しておくことができず、尿などとして排泄されてしまう栄養素です。
にも関わらず、欠乏すると神経系や皮膚にトラブルが起きやすくなったり、臓器にも悪い影響を与えてしまうため、毎日継続的に摂取しなければなりません。

ビタミンB群はお互いに助け合うことで脳や神経系、皮膚などを健康に保ってくれます。
また、エネルギーを生み出す力もあるためB群を摂ると疲れにくくなったり、活発に活動しやすくなります。
10代の若い方からご高齢の方まで幅広い世代におすすめの栄養素です。

また、ビタミンB2は、肌や髪を作って粘膜を保護するほか、生活習慣病の予防などにも一役買ってくれる栄養素です。
しじみはこのビタミンB2を他の貝類よりも多めに含んでおり、コハク酸という旨み成分も同時に含んでいますので、味噌汁や炒め物などいろいろなメニューにアレンジして栄養を摂ることができます。
しじみにはB1、B2、B3、パントテン酸、葉酸、B12などといったビタミンB群が含まれていますが、ビタミンA、C、D、E、K、カルシウムやミネラル成分なども含んでいます。

しじみからビタミンを摂るときに注意したいことは、ビタミンは基本的に加熱に弱いという問題があります。
とはいえ味噌汁も炒め物も火を通さなければいけませんから、ビタミンの3割〜5割程度は失われてしまうということを覚えておきましょう。
足りない栄養素はサプリメントなどから補うようにしても良いかもしれません。
人工的に作られたサプリメントから摂取するよりも、毎日美味しく食事をしながら豊富な栄養素が吸収できるのでとても効率的ですね。
ぜひ、健康な身体を作るためにも毎日のメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 体の健康に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.